[マウスにおける50 Hz電磁界ばく露による抗酸化的防御システム変化の誘導と脂質の過酸化抑制] med./bio.

Exposure to 50 Hz sinusoidal electromagnetic field induces changes in the antioxidant defense system and inhibits lipid peroxidation in mice.

掲載誌: Electro Magnetobiol 1999; 18 (1): 7-14

<目的>疾病や細胞組織損傷の原因となるフリーラジカルを防ぐための抗酸化的防御システムは生体にとって重要である。この役割を果たす様々な抗酸化酵素に対する商用周波磁界曝露の影響を調べた。 <方法>マウスに50Hz、2、10mT磁界を8時間/日、2ヶ月間曝露し、赤血球肝臓、肺における4種の抗酸化酵素(CAT,GR,GPx, SOD)活性を測定した。また肝臓肺のNADPH依存的脂質過酸化を調べた。 <結果>抗酸化酵素活性について、赤血球では2mT曝露群のGRとSOD、10mT曝露群の全酵素肝臓では、2mT曝露群の全酵素、10mT曝露群のCAT、肺ではGRとSODが統計学的に有意に増加した。また肝臓の2mT曝露群における脂質過酸化が阻害され、これは防御機構適応反応の誘導により脂質過酸化フリーラジカル媒介過程が抑制されたことが示唆された。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文