研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[無線周波放射に長期ばく露された労働者における染色体研究] med./bio.

A chromosomal study of workers with long-term exposure to radio-frequency radiation.

掲載誌: Med J Aust 1991; 155 (5): 289-292

仕事時に、ラジオ周波数照射(RFR)に長期間または間欠的にさらされたラジオ保守員のリンパ球での染色体損傷が増加するかどうかを調べることが目的であり、38名のばく露群と年齢を同じくした38名の対照群血液サンプルを取り調べた。全員、テレコムオーストラリアの従業員であり、ばく露群はオーストラリアの職業ばく露制限値以下の400kHz-20GHzのRFRにばく露されている。対照は事務職である。対象者の状態を知らない第三者が染色体を調べた。その結果、対照群に対してばく露群の異常細胞の割合(RR)は、1.0 (95%CI, 0.8-1.3)で、異常に対する有意な違いはなかった。制限値以下で、RERばく露染色体損傷を引き起こす原因とは見られない。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine whether an increased level of chromosome damage occurs in the stimulated lymphocytes of radio-linemen after long-term but intermittent exposure to radio-frequency radiation.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 400 kHz–20 GHz
ばく露時間: during at least 5 of the last 6 years, exposure during work
-

General information

no specific data is given on dosis, frequencys or modulation only limitations for frequency ranges are given

ばく露1

主たる特性
周波数 400 kHz–20 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 during at least 5 of the last 6 years, exposure during work
ばく露装置
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposure to radiofrequency radiation at or below the described limits did not appear to cause any increase in chromosomal damage.

研究の種別:

研究助成

関連論文