研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[ヒト血液細胞での小核頻度および染色体異常に対する携帯電話基地局の影響] med./bio.

Effect of mobile phone station on micronucleus frequency and chromosomal aberrations in human blood cells.

掲載誌: Genet Couns 2010; 21 (2): 243-251
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、携帯電話基地局周辺の住民群(n = 14)および健康な対照者群(n = 14)から採取した抹消血で小核MN)頻度および染色体異常を調べ、携帯電話基地局の影響を評価した。携帯電話基地局周辺の住民群とは、屋上に基地局アンテナが設置された建物10軒の居住者であり、対照者とはその基地局から遠い住宅の居住者であると記載されている。その結果、住民群と対照者群におけるMN頻度は、8.96 ± 3.51と6.97 ± 1.52(p = 0.16)であった;染色体異常の頻度は、0.36 ± 0.31と0.75 ± 0.61(p = 0.07)であった;この知見は、2群間でMN頻度と染色体異常に有意差がなかったことを示している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the effects of mobile phone base stations on the micronucleus frequency and chromosomal aberrations in blood of people who were living around mobile phone base stations (n=14) and of controls who lived away from base stations (n=14).

詳細情報

The study group consisted of 14 volunteers who lived in the penthouse flat of 10 buildings with base station antennas on the roofs.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data did not show any significant difference in micronucleus frequency and chromosome aberrations between the two groups. The results indicate that cellular phones and their base stations do not produce important carcinogenic changes.

研究の種別:

研究助成

関連論文