研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[携帯電話使用の脳への影響のプロトン磁気共鳴分光法によるモニタリング] med./bio.

Monitoring the effects of mobile phone use on the brain by proton magnetic resonance spectroscopy.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2006; 82 (9): 681-685

この研究は、携帯電話の長時間使用者において、プロトン磁気共鳴分光法(1H MRS)で検出可能な脳代謝物への影響が見られるか否かを調べた。携帯電話の長時間使用者21人(1日の通話時間2.4 ± 1.1時間での平均使用年数が5.5 ± 2.2年)、対照被験者15人が、1.5テスラの1H MRS脳検査に参加した。データは、ばく露が最も高い右側頭領域および橋延髄領域と、対側の左側頭領域で記録された。N-アセチルアスパラギン酸(NAA)、コリン(Cho)およびミオイノシトール(mI)のクレアチン/ホスホクレアチン(Cr)に対する比が計測された。その結果、携帯電話使用者群と対照被験者の間、およびばく露を受けたさ頭側と反対側の間に、NAA / Cr、Cho / CrおよびmI / Crの有意差は示されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine whether extensive use of mobile phones affects brain metabolites detectable by proton magnetic resonance spectroscopy.

詳細情報

Proton magnetic resonance spectroscopy allows one to non-invasively examine the brain by measuring the levels of several metabolites reflecting for example neuronal condition and membrane metabolism.
21 mobile phone users and 15 control subjects were studied.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
ばく露時間: daily exposure of 1 to 4 h for 2 to 10 years
-

ばく露1

主たる特性
周波数
ばく露時間 daily exposure of 1 to 4 h for 2 to 10 years
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 the mobile phone was held to the right ear
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No statistically significant changes in the N-acetylaspartate/creatinine, choline/creatinine and myo-inositol/creatinine ratios were measured between mobile phone users and control subjects and between the exposed and contralateral temporal areas, i.e. extensive exposure to mobile phone does not cause proton magnetic resonance spectroscopy-detectable brain metabolic changes.

研究の種別:

研究助成

関連論文