研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの脳に対する3G携帯電話による電磁放射の影響:磁気共鳴分光学、生化学、および組織病理学的評価] med./bio.

Effects of electromagnetic radiation produced by 3G mobile phones on rat brains: Magnetic resonance spectroscopy, biochemical, and histopathological evaluation.

掲載誌: Hum Exp Toxicol 2012; 31 (6): 557-564

【目的】ラットの脳の組織に対する第3世代(3G)携帯電話(MP)が発生する電磁界放射(EMR)の影響を、磁気共鳴分光学(MRS)、生化学組織病理学的評価により調べること。【方法】ラットは無作為に2群に割り付けられた。第1群(n= 9)は3G-EMRばく露群、第2群(n= 9)は対照群である。第1群は20日間、EMRばく露を受け、対照群はEMRのばく露を受けなかった。MRSにより、コリン(Cho)、クレアチニン(Cr)、Nアセチルアスパルテート(NAA)のレベルを評価した。分光光度測定法によりカタラーゼ(CAT)、グルタチオン・ペルオキシダーゼGSH-Px)の酵素活性を測定した。組織病理学的分析により、両群の脳の組織におけるアポトーシスを評価した。【結果】MRSにおいて、NAA/Cr、Cho/Cr、NAA/Choの各比率に両群での有意な差はなかった。酸化ストレスのパラメータであるCATおよびGSH-Px、またアポトーシス細胞の数のどちらにも両群での有意な差はなかった。【結論】短期間の3G MPの使用がラットの脳の組織に有害な影響を与えるようには見えない。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of electromagnetic irradiation produced by 3G mobile phone on rat brain tissues in terms of magnetic resonance spectroscopy, biochemistry, and histopathological evaluations.

詳細情報

17 rats were divided into one exposure (n=9) and one control group (n=8).
Magnetic resonance spectroscopy allows to non-invasively examine the brain by measuring the levels of several metabolites.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.9 Hz–2.2 GHz
ばく露時間: every day two times 20 min (1x talking, 1x listening mode) from day 2 to day 21
-

ばく露1

主たる特性
周波数 1.9 Hz–2.2 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 every day two times 20 min (1x talking, 1x listening mode) from day 2 to day 21
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • Nokia N70
ばく露装置の詳細 rats kept in two 40 cm x 30 cm x 15 cm polypropylene cages, placed 10 m apart, with the mobile phone (either in listening or talking mode) placed in close contact to the cages' underside; after active exposure phones switched to stand-by mode and batteries charged for the rest of the day; for the control group the mobile phone was set to stand-by-mode
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data did not show any difference in any of the paramters investigated between the two groups.
The authors conclude, that short-term 3G mobile phone use does not seem to have a harmful effect on rat brain tissue.

研究の種別:

研究助成

関連論文