研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話の「トークモード」信号はEEG測定での睡眠開始を遅らせる] med./bio.

Mobile phone 'talk-mode' signal delays EEG-determined sleep onset.

掲載誌: Neurosci Lett 2007; 421 (1): 82-86

携帯電話の信号はパルス変調マイクロ波で、EEG研究では極低周波(ELF)パルス変調睡眠に影響を及ぼすことを示している。しかし、「トーク」「リッスン」「スタンバイモードはELF(2Hz、8Hz、217Hz)のスペルトル成分と比吸収率において異なるが、睡眠研究ではこれらのモードを区別していない。我々は、基地局模擬実験装置によって制御されるGSM900携帯電話と実験用SIMカードを使用して、12.5%(23dBm)の最高出力で送信されるこれら3つの特定モードを模擬実験した。週間隔で、睡眠を6時間に制限された健康な若年成人10人は、トーク、リッスン、スタンバイ、偽(ゼロ信号)のモードの1つに、13時30分に30分間、無作為に単純盲検式にばく露された。ばく露の間、10人は防音の照明の点いた寝室に横たわり、右耳の側には熱的に絶縁された無音の携帯電話を置いていた。双極性EEGは連続して記録され、被験者睡眠の評価は3分ごと(ばく露前、ばく露中、ばく露後)に得られた。ばく露後、携帯電話基地局はOFFにされ、寝室は暗くされ、90分の睡眠が与えられた。我々は睡眠開始を、(i)目で見て記録された睡眠の第2ステージまでの睡眠潜時と、(ii)EEG出力スペクトル解析を使って調べた。被験者睡眠に条件による影響はなかった。ばく露後、トークモード後の睡眠潜時はリッスンと偽モードよりも著しく長かった。時間についての条件的な影響は、睡眠開始に特に敏感な周波数レンジである1-4Hz EEG前部出力において極めて明白だった。2Hz、8Hz、217Hz変調睡眠開始に異なる影響を及ぼす可能性がありえる。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

This in vivo study was performed to study the effects of GSM exposure in different modes (talk, listen, standby mode, and sham exposure) on human sleep onset.

詳細情報

10 healthy, unmedicated, normal sleeping behaviour, right-handed men (age: 18-28 years) participated in this study.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min
  • SAR: 0.133 mW/g average over mass (10 g) (DASY4)
ばく露2: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min
  • SAR: 0.015 mW/g average over mass (10 g) (DASY4)
ばく露3: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min
  • SAR: 0.001 mW/g average over mass (10 g) (DASY4)

General information

At precisely weekly intervals, participants were exposed to one of the talk, listen, standby, and sham (nil signal) modes, with the exposure orders single-blind, random, and counterbalanced between participants.

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM talk mode with 8 and 217 Hz ELF components

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • controlled by a base-station simulator
チャンバの詳細 The participants lay on a comfortable bed, in an individual sound-proof and lit bedroom, remained silent, and fixed their eyes on a wall marker.
ばく露装置の詳細 A thermally and acoustically insulated silent phone (speaker disabled) was positioned beside the right ear.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.133 mW/g average over mass 測定値 10 g DASY4

ばく露2

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM listen mode with 2, 8, and 217 Hz ELF components

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.015 mW/g average over mass 測定値 10 g DASY4

ばく露3

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM standby mode with 1-32 Hz ELF components

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.001 mW/g average over mass 測定値 10 g DASY4

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The sleep onset latency after the mobile phone exposure in talk mode was significantly delayed compared to the exposure group in listen mode and the sham exposure.

研究の種別:

研究助成

関連論文