研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[EEG解析での差の積分はマイクロ波によるヒトEEG変化を明らかにする] med./bio.

Integration of differences in EEG Analysis Reveals Changes in Human EEG Caused by Microwave.

掲載誌: 2006 International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, New York, NY, USA IEEE, 2006: 1597-1600, ISBN-13 978-1-4244-0032-4, ISBN-10 1424400325

この研究は、異なるパルス周波数で変調されたマイクロ波(450 MHz)へのばく露(頭皮での電力密度は0.16 mW / cm2)が、ヒトの脳電図(EEG)に与える影響を、3つのEEG分析方法を適用して検出することを試みた。70人の健康被験者は無作為に擬似ばく露対照群と3つのばく露群の計4群に割り当てられた。マイクロ波パルス変調周波数は7、14、21、40、70、217、1000 Hzであり、第1ばく露群には7、14、21 Hz、第2ばく露群には40、70 Hz、第3ばく露群には217、1000 Hzのパルス周波数が割り当てられ、提示順は無作為化された。参照EEGを10分間記録した後、ばく露群では、最初のパルス周波数での変調マイクロ波ばく露が行われ、それに続いて各実験群に割り当てられた1つまたは2つのパルス周波数での変調マイクロ波ばく露が行われた。各パルス周波数で、1分オン/1分オフの断続ばく露が10回繰り返された。ばく露前、ばく露中、およびばく露後に記録されたEEGの分析は、Sパラメータ、パワースペクトル密度、低変動期間の長さ分布という3つの異なる分析方法で行われた。その結果、マイクロ波ばく露による統計的に有意な変化はEEGリズムのエネルギー変化およびダイナミクス変化であり、それぞれは被験者の12 %から30 %において検出された;シータ波は最も影響を受けなかった;ほとんどの変化はベータ波で観察された;大きな変化が見られた脳領域は側頭頭頂領域であった;EEGリズムの統計的に有意な変化は、EEGのリズム周波数より高いまたはそれに近いパルス周波数において見られた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

This study was focused on detection of the effect of microwave irradiation modulated with pulses of different frequencies on human EEG rhythm.

詳細情報

Seventy healthy vonlunteers were sham exposed and electromagnetic field exposed in four groups with following pulse frequencies: 7, 14, 21, 40, 70, 217, and 1000 Hz.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 450 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: intermittent, 1 min on/1 min off, for 10 x at each pulse rate

General information

The experiments were performed on four groups of subjects with different pulse rates. After recording the reference EEG for 10 minutes, exposure at the first pulse rate was applied, followed by one or two further pulse rates according to the considered group. During each test session, RF and sham exposure as well as the succession of pulse rates were randomly assigned.

ばく露1

主たる特性
周波数 450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent, 1 min on/1 min off, for 10 x at each pulse rate
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 50 %
Repetition frequency 7 Hz
Additional information

group 2: 7, 14, and 21 Hz group 3: 40 and 70 Hz group 4: 217 and 1000 Hz

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • quarter wave antenna (13 cm)
Distance between exposed object and exposure source 10 cm
ばく露装置の詳細 The antenna was located 10 cm from the left side of the head.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.16 mW/cm² - 推定値 - -
SAR 0.35 W/kg - 推定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Statistically significant changes occured in the EEG rhythm energy and dynamics between 12% and 30% of subjects. Theta wave was least affected. Most changes were observed in beta waves. Concerning brain region major changes were revealed in temporal-parietal brain region. Statistically significant changes in the EEG rhythms took place at the pulse frequencies higher or close to the EEG rhythm frequency.

研究の種別:

研究助成

関連論文