[自己申告された携帯電話への感受性に関する心理学的要因] basics

Psychological factors associated with self-reported sensitivity to mobile phones.

掲載誌: J Psychosom Res 2008; 64 (1): 1-9

この研究は、携帯電話使用に関連して症状を申告する人(携帯電話感受性群:52人)と、携帯電話の他に電気機器に対する感受性も申告する人(電気感受性群:19人)、どちらへの感受性も申告しない人(対照群:60人)を対象に質問票調査を実施した。質問項目は、携帯電話を使用する主な理由、精神健康度、うつ的症状、現代健康不安テスト(MHW)、全般的健康状態、症状の重篤度、医学的に説明がつかないその他の症状の有無、である。その結果、自分が感じる感受性は、携帯電話を仕事で使用する傾向の高さと関連した;自分が感じる感受性は、MHWテストの電磁界に関するスコアが高いことと関連した;電気感受性群では他の2群に比べ、うつの傾向が高く、MHWテストでは食物汚染・有害な治療のスコアが高く、全般的健康状態が悪く、医学的に説明がつかないその他の症状が多かった;精神科領域の事例性に関しては3群に差がなかった、と報告している。

ばく露

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文