研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヘビアメーバの嚢子モデル:成長と分化に対する60Hz磁界の影響] med./bio.

Entamoeba invadens: influence of 60 Hz magnetic fields on growth and differentiation.

掲載誌: Exp Parasitol 2008; 119 (2): 202-206

この研究は、60 Hzの正弦波磁界MF磁束密度は1.0、1.5、2.0 mTの3通り)が原生動物(Entamoeba invadens:ヘビアメーバ)の増殖および分化に及ぼす影響を調べた。その結果、1.5 mTばく露および2.0 mTばく露において、増殖抑制する効果が見られた;さらに、アメーバ細胞に対する細胞毒性剤であるメトロニダゾールとMFとの同時ばく露では、両者の相乗効果は見られなかった;さらに、MFばく露はE. invadensの被嚢形成プロセスを阻害した、と報告している。

研究目的(著者による)

原生生物 Entamoeba invadens の成長及び分化に対する、異なる磁束密度の60Hz正弦波磁界の影響を調べること。

詳細情報

栄養体培地を9または10日間、60Hz磁界ばく露した。栄養体の成長に対するメトロニダゾール(アメーバ細胞に対する細胞傷害性薬剤)と60Hz磁界の組合せの影響を調べるため、以下の4群で共ばく露実験を実施した:1) 偽ばく露群、2) メトロニダゾールLD50で処理した細胞陽性対照)、3) 2mT磁界に7日間ばく露した細胞、4) 2mT磁界+メトロニダゾールLD50で処理した細胞

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 9 days with glucose during encystation process, continuous for 10 days without glucose during encystation process
ばく露2: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 7 days
co-exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 9 days with glucose during encystation process, continuous for 10 days without glucose during encystation process
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 71 cm long solenoid with a radius of 13.5 cm, made of 552 turns of 1.3 mm enamel-insulated copper wire; cultures placed in the middle of the solenoid
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT effective value 測定値 - -
磁束密度 1.5 mT effective value 測定値 - -
磁束密度 2 mT effective value 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 7 days
Additional information co-exposure
Additional information cultures were treated in four groups: i) sham exposure ii) cells treated with Metronidazole LD50 iii) MF exposure iv) cells treated with Metronidazole LD50 + MF exposure
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 mT effective value 測定値 - -

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

栄養体培地を1.5及び2mTにばく露した場合、成長に対する阻害作用(細胞密度の低下)が認められた。磁界とメトロニダゾールへの共ばく露相乗効果はなかった。磁界ばく露(単独)は、 Entamoeba invadens の被嚢形成過程を阻害した。
原生生物 Entamoeba invadens磁界ばく露は、成長と被嚢形成過程を変化させた。

研究の種別:

研究助成

関連論文