[GMS携帯電話放射にばく露されたマウスにおける腫瘍発生に関する研究] comment

Health effects: studies on tumor incidence in mice exposed to GSM cell-phone radiation.

掲載誌: IEEE Microw Mag 2008; 9 (3): 48-54

携帯電話電磁界の長期ばく露によるトランスジェニックマウスでの腫瘍発生を調べた3件の研究についての論説である。最初の研究はRepacholi 1997(Radiat. Res., vol. 147, pp. 631-640)であり、次に,Utteridge 2002 (Radiat. Res., vol. 158, pp.357-364),最近、Oberto2007 (Radiat. Res., vol. 168, pp. 316-326)が公表された。3件の報告は、それぞれ他の報告を再現するというより、結果はばらばらであり、報告されたリンパ腫発生率もばらついている:実験方法にも違いがある:トランスジェニックマウスを用いる問題点、などの議論を行っている。

ばく露

コメントがつけられた論文