研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[Pim1トランスジェニックマウスにおける217 Hzパルス900 MHz電磁界の発がん性研究] med./bio.

Carcinogenicity Study of 217 Hz Pulsed 900 MHz Electromagnetic Fields in Pim1 Transgenic Mice.

掲載誌: Radiat Res 2007; 168 (3): 316-326

118カ月の発がん性研究で、Pim1トランスジェニックマウスは900MHz(パルス幅:0.577ms;パルス繰り返し率:217Hz)無線周波数(RF)放射に、全身比吸収率(SAR)が0.5、1.4、4.0W/kg〔不確実性(k=2):2.6dB;生涯変動(k=1);1.2dB〕でばく露した。1 グループに雄雌各50匹の合計500匹のマウスが、ばく露、偽ばく露ケージ対照に用いられた。実験は、以前に発表されたRapacholi et al.によるPim1トランスジェニック雌マウスでの研究(Radiat.Res.147、631-640、1997)を進展させたもので、その研究では、同じ900MHz RF信号へのばく露後、リンパ腫が顕著に増加したことが報告された。マウスは、良く定義された一様なばく露を得るために、吸入研究で使用されたものと同じプラスチック管に1時間/日、7日/週でばく露された。実験は盲検法で行われた。この研究で使用された最高ばく露レベル(4W/kg)は、器官平均SARが、環境ばく露のICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)基準で許容されるピーク空間SAR限度値を上回る結果となった。全身平均はRapacholi et al.による以前の研究で報告された最高平均SARのおよそ3倍であった。今回の研究結果では、217HzパルスRF放射ばく露(パルス幅:0.577ms)はいずれの部位での腫瘍の発生にも影響を示さず、Rapacholi et al.の知見を裏付けることはできなかった。全体として、新生物病変または非新生物病変の発生に対して、使用された条件の下ではRF放射の影響は見られず、RF放射発がん性の可能性をもつ証拠は得られなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The issue of whether pulsed 900 MHz electromagnetic field exposure increases the incidence of tumors in transgenic mice should be investigated.

詳細情報

A total of 500 mice, 50 per sex per group, were exposed, sham-exposed or used as cage controls.
This study was one of two independent studies (second one: publication 9121) performed to investigate carcinogenic potential of radiofrequency exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 1 h/day, for 18 months
  • SAR: 4 W/kg average over mass (whole body)
  • SAR: 1.4 W/kg average over mass (whole body)
  • SAR: 0.5 W/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 repeated daily exposure, 1 h/day, for 18 months
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.577 ms
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The Ferris wheel concept developed by Balzano et al. [2000] was adopted and optimised for this study. The exposure system consisted of four "Ferris wheel" exposure units, each exposing up to 65 animals at a different SAR (high, medium, low and sham).
ばく露装置の詳細 Each wheel consisted of two parallel, circular, stainless-steel metal plates 117 mm apart, with a conical antenna in their center and stainless-steel poles short-circuiting the cylindrical cavity at a radius of 755 mm.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The positions of the animals, restrained in plastic tubes similar to those approved and used for inhalation studies, were optimized for maximum uniformity. Missing animals were replaced by conical plastic tubes filled with 36 ml of liquid, simulating the dielectric parameters of muscle tissue.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 4 W/kg average over mass - whole body -
SAR 1.4 W/kg average over mass - whole body -
SAR 0.5 W/kg average over mass - whole body -

Reference articles

  • Kuster N et al. (2006): [In vivo研究におけるドジメトリーと不確実性と変動性の処理方法].
  • Ebert S et al. (2005): [拘束状態で905 MHzばく露を受けたマウスの体温調節閾値および調節破綻閾値]
  • Balzano Q et al. (2000): [900 MHzでの動物実験で正確に全身平均SARを決定するための効率的なRFばく露装置]
  • Repacholi MH et al. (1997): [パルス900 MHz電磁界にばく露されたEu-Pim1トランスジェニックマウスにおけるリンパ腫瘍]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant effect of the radiofrequency irradiation under the exposure conditions used was found on the incidence of any neoplastic or non-neoplastic lesion, and thus these data did not provide evidence that radiofrequency irradiation possesses carcinogenic potential.

研究の種別:

研究助成

Replicated studies

この論文に対するコメント

関連論文