[子供と思春期層の安寧と個人ばく露計による携帯電話ネットワークばく露評価:ドイツMobilEe研究] tech./dosim.

Exposure to mobile telecommunication networks assessed using personal dosimetry and well-being in children and adolescents: the German MobilEe-study.

掲載誌: Environ Health 2008; 7 (1): 54

この研究は、携帯通信ネートワークと子供と青年の健康との関係を調べるために、個人ドシメトリを使用した。人口ベースの抽出標本である子供1498人、青年1524人をを対象に、個人ばく露計を用いた24時間ばく露測定(3つの携帯電話周波数バンド)および測定日の朝、正午、夕方の3時点での急性症状調査を行った。調査地域は、南ドイツのババリアン地域の4都市から選出した。参加者の健康、社会人口学的特性、潜在的交絡因子のデータを、コンピュータ支援方式の個人インタビューで収集した。その結果、非参加者と比較して、携帯電話を保有し、教育水準が高い両親と青年は、携帯通信ネットワーク周波数による健康への悪影響について関心があり、研究に参加する意思が強かった;子供と青年の無線周波電磁界ばく露中央値は、それぞれICNIRP参考レベルの0.18、0.19であった、と報告している。

ばく露

関連論文