研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ウサギでの誘発耳音響放射に対する超低周波電磁界の影響] med./bio.

Effects of extremely low frequency electromagnetic fields on transient evoked otoacoustic emissions in rabbits.

掲載誌: Int J Pediatr Otorhinolaryngol 2009; 73 (3): 429-436

研究目的(著者による)

ウサギの聴覚機能に対する異なる電界の影響を評価すること。

詳細情報

雌のウサギ20匹を、5.068kV/m(グループ1)及び10.182kV/m(グループ2)の電界ばく露する2群(各10匹)に無作為に分けた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 3 h/day for 6 days and then for additional 8 days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 3 h/day for 6 days and then for additional 8 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 74 cm x 50 cm x 0.2 mm copper sheets on the upper and lower side of the cage
ばく露装置の詳細 70 cm x 50 cm x 20 cm wooden cage with copper sheets on the upper and lower side; wooden block under the cage for insulation
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 5.068 kV/m - 測定値 - -
電界強度 10.182 kV/m - 測定値 - -
磁束密度 0.00218 nT - 測定値 - at 5.068 kV/m
磁束密度 0.00445 nT - 測定値 - at 10.182 kV/m

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

どちらのグループでも、ばく露の6日目及び14日目に記録した振幅は、6日目の1.5kHzのクリック刺激に対するグループ1の右耳での振幅有意な低下(この影響は過渡的であった)を除いて、ばく露前と変わらなかった。ばく露の6日目及び14日目の両群の左右の耳での過渡誘発耳音響放射振幅に有意差はなかった。

超低周波電磁界にはウサギの聴覚感覚(蝸牛の機能)に対する有意な影響はない。

研究の種別:

研究助成

関連論文