[電磁界は生きた細胞にストレスを与える] tech./dosim.

Electromagnetic fields stress living cells.

掲載誌: Pathophysiology 2009; 16 (2-3): 71-78

電磁界(EMF)は、極低周波(ELF)と無線周波数(RF)のどちらも、ストレス反応遺伝子(例えば、HSP70)の発現誘発する防衛機構である細胞ストレス反応を活性化し、ストレスタンパク質(例えば、hsp70)のレベルを増大させた。20種の異なるストレスタンパク質族は、進化的に保護され、細胞内シャペロンとして振る舞うが、その時、ストレスタンパク質損傷タンパク質の修復を助け、再び折り重ね、細胞膜を越えて輸送する。ストレス反応の誘発はDNAの活性化を伴う。そして、ELFとRFの間のエネルギーは大きな違いがあるにもかかわらず、両周波数帯において同じ細胞経路が反応する。HSP70ストレス遺伝子プロモーターに関する特定DNA配列は、EMFに対して反応が良い。生化学系モデルを使った研究は、EMFはDNAの中の電子に直接相互作用できることを示唆する。低エネルギーEMFがDNAと相互作用している間、ストレス反応を誘発するために、RF帯域における増加しているEMFエネルギーはDNA鎖の破壊を引き起こすことがある。生細胞を防護するためには、EMF安全性限界は、温度変化閾値よりずっと以前から起こる生物学的変化に基づく限界に対して、エネルギーに基づいた現在の温度標準から変えられるべきであることが明らかである。

ばく露

関連論文