研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電磁界によりもたらされる心筋の保護] med./bio.

Myocardial protection conferred by electromagnetic fields.

掲載誌: Circulation 1999; 99 (6): 813-816

<目的>ストレス蛋白は最初に熱ストレスによって誘導されることが見いだされたことから熱ショック蛋白(hsps)とも呼ばれる。その後熱(42℃、45℃)以外にもアミノ酸酸素欠乏、活性酸素などによっても誘導されることが明らかにされている。イン・ビボでの研究で予め熱を与えておくと冠動脈遮断再循環後の快復が改善されることが報告されている―直接加熱後のhspsレベルは心筋細胞の保護に相関する。ストレス蛋白が心筋保護に役割を果たすことと、電磁界がイン・ビトロでストレス蛋白を誘導すること(Goodmanの文献を引用!)から電磁界はイン・ビボで酸素欠乏の障害から心筋を保護するのではないかと考えた。 <対象・方法>白色レグホン種96時間孵化した胎児を用いた。第一の実験では60Hz、4、6、8、10μT、20分間ばく露。第二の実験では(1)コントロール、(2)43℃熱、(3)60Hz、8μTプラス ランダム磁界ノイズ8μT、20分間。これら処置の後1時間37.8℃に保った後プラスチックバッグに入れ空気を抜いてアルゴンガスを充した。<40%のコントロール胎児心臓が動いている(生き残っている)時にバッグを開けて酸素を再注入した。この時のばく露群の生存数(率)を求めた。 <結果及び結論>(1)無酸素による対照群生存率は39.6%で、電磁界ばく露により68.7%と上昇した。(2)対照群生存率は37.7%であるが、高温ばく露により57.6%となり、電磁界ばく露により69%と上昇する。しかしノイズを加えるとその効果がなくなり41.5%となった。電磁界ばく露によりストレス反応を惹起し、無酸素状態によるヒヨコ胎児心筋障害を保護する効果がある。

研究目的(著者による)

60Hz電磁界がニワトリ胚の生存率に及ぼす影響を調査すること。

詳細情報

電磁界ばく露熱ショックタンパク質を生じるかも知れず、これらのタンパク質は特に虚血からの回復において重要な役割を担っていることが示されている。ゆえに、電磁界ばく露ストレス応答をイン・ビボで活性化させ、心臓組織無酸素症から防護し得るという仮説が提唱されている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: 20 min
ばく露2: 60 Hz
ばく露時間: 20 min
ばく露3: 60 Hz
ばく露時間: 20 min
  • 磁束密度: 8 µT effective value (plus 8 µT EM noise.)

General information

First series of experiments

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 20 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Incubator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 µT effective value 測定値 - -
磁束密度 8 µT effective value 測定値 - -
磁束密度 6 µT effective value 測定値 - -
磁束密度 4 µT effective value 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 20 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Incubator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 8 µT effective value 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 20 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Incubator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 8 µT effective value 測定値 - plus 8 µT EM noise.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

得られたデータは、電磁界(60Hz、2-10µT、20分間)による防護が極めて有意であることを示している。生存率は、ばく露群で68.7%、対照群で39.6%であった。

2セット目の実験では、20分間のばく露の前に胚を複数の条件(例:a) 43℃のハイパーサーミア;b) 60Hz、8µT、ノイズなし;60Hz、8µT+ランダムノイズ)で前処理した。胚の生存率は、対照群で37.7%、熱処理群で57.6%、60Hz単独ばく露群で69%、60Hz+ノイズばく露群で41.5%であった。

著者らは、非熱的電磁界ばく露が、ニワトリ胚の心筋を無酸素損傷から防護するストレス応答を誘導する、と結論付けている。

研究の種別:

研究助成

関連論文