研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒヨコの培養筋管のアセチルコリン感受性チャネルに対するマイクロ波の影響] med./bio.

Microwave effects on acetylcholine-induced channels in cultured chick myotubes.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1988; 9 (4): 363-372

この研究は、ニワトリ胚から単離、培養した筋管の挙動へのマイクロ波ばく露の影響を調べた。筋管アセチルコリンACh)性電流パッチクランプ法で記録した。セル・アタッチ法(単一チャネル電流記録)とホール・セル法(全電流記録)の両方を用いた。その結果、低電力マイクロ波ばく露中に、Ach感受性単一チャネルの開口率は減少したが、Ach性の全電流はより速い速度で低下した; チャンネルの開口時間およびコンダクタンスにマイクロ波照射の影響は見られなかった;これらの知見から、マイクロ波ばく露は脱感作速度を増加させ、チャネル開口確率を低下させると考察される、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of microwaves on a membrane protein channel, the acetylcholine receptor-channel, in cultured chick myotubes.

詳細情報

Acetylcholine-induced currents have been recorded via patch-clamp techniques using both cell-attached (single-channel current recording) and whole-cell (total current recording) configurations.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 10.75 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 30 s to 120 s

ばく露1

主たる特性
周波数 10.75 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 s to 120 s
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 0.25 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 50 µW/cm² unspecified 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

During the exposure to low-power microwaves the frequency of the acetylcholine-activated single channel openings decreased, while the acetylcholine-induced total current showed a faster falling phase. Channel open time and conductance were not influenced by microwave exposure. The authors concluded that exposure to microwaves increases the rate of desensitization and decreases the channel opening probability.

研究の種別:

研究助成

関連論文