研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[モデルのイオンチャネルとマイクロ波との相互作用に関する分子メカニズム] med./bio.

Molecular mechanisms of microwave interactions with model ion channels.

掲載誌: J Biol Phys Chem 2006; 6 (4): 163-165
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、モデル膜を使用して、高周波電磁界細胞膜およびそのイオンチャネルとの相互作用の根底にある分子メカニズムを探索した。典型的な細胞チャネルの優れたモデルとして知られている、オリゴペプチド抗生物質アラメチシンによって二重層脂質膜内に形成されたカチオン選択的イオンチャネルを実験に用いた。その結果、電力10 Wの0.8 GHzの電磁波ばく露により、モデル膜のコンダクタンスは、ばく露前の大きさの約15 %まで低下した;この変化は可逆的であった;アラメチシンチャネルに対する電磁界の観察された効果は、膜の局所温度の上昇、それに付随する、チャネルコンダクタンス状態確率の再分布によって説明できることが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of a 0.8 GHz electromagnetic field on alamethicin ion channel (cation-selective, voltage gated) in a lipid bilayer membrane.

詳細情報

The experiment was performed with a lipid bilayer membrane containing many (ca. 500) ion channels as well as with membranes containing only one channel.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 0.8 GHz
ばく露時間: continuous for 5 s

ばく露1

主たる特性
周波数 0.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 5 s
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Teflon cylinder with the BLM placed in a glass cuvette positioned in the center of the waveguide
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 10 W - - - -

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that a 0.8 GHz electromagnetic field of 10 W power reversibly reduced the conductance of the model membrane (with many ion channels) to about 15% of its initial magnitude. The authors demonstrated that the observed effect of the electromagnetic field on the alamethicin ion channel can be explained by the rise of the local temperature of the membrane, and a concomitant redistribution of the ion channel conductance states.

研究の種別:

研究助成

関連論文