[50 Hzの磁界へのばく露後のJarkat細胞とCEN-CM3細胞内のオルニチン脱炭酸酵素活性およびポリアミン値の変化] med./bio.

Ornithine decarboxylase activity and polyamine levels are different in Jurkat and CEM-CM3 cells after exposure to a 50 Hz magnetic field.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1997; 43 (1): 169-172

本研究は、リンパ芽球白血病細胞などと同じ細胞株でODC活性が、0.10mTに対する反応と同じような反応をするかどうか、またポリアミン合成のようにdown-stream効果がODC活性変化で影響を受けるかの検討を行った。さらに、誘導電流や印加磁界の方向生などのパラメータについても検討を行った。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文