研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2450 MHzマイクロ波放射へのラットのインビボ急性ばく露に関する研究:その1 肥満細胞と好塩基球] med./bio.

Studies on acute in vivo exposure of rats to 2450-MHz microwave radiation.

掲載誌: Radiat Res 1981; 86 (3): 580-588

この研究は、ラットに、2450MHzマイクロ波放射を8時間連続でばく露し、その影響を評価した。入射電力密度(2および10mW / cm 2)は、見かけ上の温度上昇を引き起こさなかった。結果として、腹腔肥満細胞生存率、割合、トルイジンブルー異染症、ヒスタミン含有量、または大きさは変化しなかった;対照群およびばく露群のラットから単離された肥満細胞は、化学的および免疫学的経路でヒスタミン分泌を刺激する薬物への反応が同様であった;麻酔したラットへのコンパウンド48/80静注により、インビボでの好塩基球および肥満細胞からのヒスタミン放出を測定したところ、両方の入射電力レベルばく露群での初期血圧および48/80への低感受性応答は対照群と同等であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of an in vivo whole-body microwave exposure on rats concerning several aspects of histamine secretion. After exposure blood pressure and heart rates as a response to compound 48/80 were investigated on pentobarbital anesthetized animals.

詳細情報

Peritoneal mast cells were extracted from decapitated animals and were used for further in vitro investigations.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 8 h
  • SAR: 2.2 mW/g mean (cf. remarks) (1,8-2,2 mW/g, whole body 10mW/cm²)
  • SAR: 440 µW/g mean (cf. remarks) (0.36 to 0.44 mW/g; whole body, 2mW/cm²)
  • 電力密度: 100 W/m² (2 and 10 mW/cm²)
  • SAR: 1.8 mW/g minimum (cf. remarks) (whole body)
  • SAR: 360 µW/g mean (cf. remarks) (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 8 h
Additional information plane wave field
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 1.55 m
チャンバの詳細 environmental chamber 2.5 x 3.0 x 2.5 m lined with microwave absorber (- 45dB at 2,45GHz), 2,5cm thick styrofoam cages 10x20x13cm
ばく露装置の詳細 long axis parallel EF, 2,5cm above absorber on the floor of the chamber
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.2 mW/g mean 推定値 cf. remarks 1,8-2,2 mW/g, whole body 10mW/cm²
SAR 440 µW/g mean 推定値 cf. remarks 0.36 to 0.44 mW/g; whole body, 2mW/cm²
電力密度 100 W/m² - 備考を参照のこと。 - 2 and 10 mW/cm²
SAR 1.8 mW/g minimum 備考を参照のこと。 cf. remarks whole body
SAR 360 µW/g mean 備考を参照のこと。 cf. remarks whole body

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Under the used microwave irradiation conditions the histamine-secreting cells in rat were not affected.

研究の種別:

研究助成

関連論文