研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの腹膜肥満細胞からのヒスタミン分泌に対する2450 MHzマイクロ波放射の影響] med./bio.

The effect of 2450 MHz microwave radiation on histamine secretion by rat peritoneal mast cells.

掲載誌: Cell Biophys 1980; 2 (2): 127-138

この研究は、単離したラット腹膜肥満細胞が強力な非細胞傷害性ヒスタミン放出剤(化合物48/80)に誘発されてヒスタミンを活発に分泌する反応に対するマイクロ波ばく露の影響を調べた。肥満細胞導波管マイクロ波(2450 MHzばく露チャンバー内に置き、8.2および41.0 mW/ g のSARレベルで、最長3時間までのばく露を行なった。その結果、細胞の形態学的特徴または生存度の変化は生じなかった;化合物48/80誘発ヒスタミン分泌は、37℃でのマイクロ波ばく露時には影響を受けなかった;一方、41.0 mW/ gでのばく露の場合、44.0℃において分泌が抑制された;分泌への熱的影響の正確な測定により、周囲温度より細胞の温度を0.4〜0.9℃上昇させるSARレベルのばく露によって、ヒスタミン分泌抑制が起きる可能性が示唆された;また、別の可能性としては、44℃で生じた熱ストレスが、マイクロ波ばく露による電磁気学的影響に対する細胞の感受性を高めたとも考えられる、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of microwave exposure on histamine secretion in mast cells.

詳細情報

Rat mast cells were obtained by peritoneal lavage, and histamine secretion was induced by using compound 48/80 in vitro. Histamine is stored in granuels inside the cell. The release of histamine requires a fusion of granules and cell membrane, this secretory process is, among other things, heat sensitive. Therefore the effect of cell heating was investigated additionally.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 15, 30, 45, 60 min
  • SAR: 8.2 mW/g
ばく露2: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 3 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 15, 30, 45, 60 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • s-band waveguide
ばく露装置の詳細 10 mm x 75 mm culture tubes placed inside the waveguide
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 8.2 mW/g - 計算値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 3 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 41 mW/g - 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No change in morphological characteristics or viability of the cells could be observed. At 37°C irradiation does not effect the induced histamine release in cells treated with compound 48/80. At 44°C and SAR of 41.0 mW/g for 3h the histamine secretion was inhibited. It is not clear if this is caused due to direct thermal effects on the cell membrane or to electromagnetic field effects.

研究の種別:

研究助成

関連論文