研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[concanavalin Aまたはionophoreによるラット腹腔内肥満細胞からのヒスタミン放出に対する2450 MHzマイクロ波の影響] med./bio.

Effect of 2450 MHz microwave radiation on concanavalin A or ionophore-induced histamine release from rat peritoneal mast cells.

掲載誌: Int J Radiat Biol Relat Stud Phys Chem Med 1981; 39 (6): 671-675

この研究は、刺激剤(concanavalin Aまたはionophore)を用いたラットの腹腔内肥満細胞からのヒスタミン放出に対する2450 MHzマイクロ波連続波の影響をインビトロで調べた。ばく露は、ヒスタミン放出刺激剤concanavalin Aまたはionophoreの投与10分前から、投与後15分まで継続した。培養物のSARは、8 または41 mW/ gであった。その結果、まず、自発的なヒスタミン放出、細胞生存力細胞の形態学的変化に対して、実験に用いたばく露条件のマイクロ波は、何の影響も与えなかった;このようなばく露条件において、concanavalin Aまたはionophore誘導によるヒスタミン放出も、影響を受けなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of microwave irradiation on the histamine release from rat peritoneal mast cells by using concanavalin A or the calcium-ionophore A23187.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 10 min prior to drug addition + 15 min afterwards

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 10 min prior to drug addition + 15 min afterwards
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • S-band waveguide exposure system
ばく露装置の詳細 waveguide in TE10 mode, waterfilled, sample tubes positioned inside the waveguide
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 41 mW/g - 測定値 - -
SAR 8 mW/g - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave irradiation had no effect on spontaneous histamine release, cell viability, or morphological appearance of the cells. Concanavalin A or calcium-ionophore induced histamine release was not affected by microwave irradiation.

研究の種別:

研究助成

関連論文