[ピルガー他(Radiat Environ Biophys 43:203-207; 2004)“ 間欠的な50 Hz電磁界がヒト二倍体線維芽細胞の細胞質内の自由カルシウムとミトコンドリア膜電位に及ぼす影響なし” に対するレルヒルのコメントへの回答] comment

Answers to the comments of A. Lerchl on the paper "No effects of intermittent 50-Hz EMF on cytoplasmic free calcium and on the mitochondrial membrane potential in human diploid fibroblasts" by Pilger et al. (Radiat Environ Biophys (2004) 43:203-207).

掲載誌: Radiat Environ Biophys 2010; 49 (3): 495-497

このPilgerの回答は、2004年のPilger自身の論文(間欠的な50Hz電磁界細胞質内の自由カルシウムミトコンドリア膜電位に影響しないが、コメットアッセイにより計測されたDNA切断には有意な影響が見られたことを報告した)のデータの不自然さを指摘したレルヒルのコメントに対するものである。レルヒルが指摘したように確かにコメットアッセイ結果の変動性は小さいが、偽造の証明とまでは言えないと主張している。Pilger自身の感想では、レルヒルの異論はさておくとしても、ELF-EMFへの間欠ばく露がDNA鎖切断誘導することの発見はRudigerグループにとっても予想外のものであったという。しかし、このように生物学的妥当性がないように見える現象が、同一の細胞と同一のばく露システムを用いた最近の研究(Focke他、2010年)でも支持されていると述べている。

ばく露

コメントがつけられた論文

この論文に対するコメント