[ピルガー他(2004):間欠的な50 Hz電磁界がヒト二倍体線維芽細胞の細胞質内の自由カルシウムとミトコンドリア膜電位に及ぼす影響なし(Radiat Environ Biophys 43:203-207)に関する編集者の懸念表明] comment

Editorial expression of concern regarding: Pilger A et al. (2004) No effects of intermittent 50 Hz EMF on cytoplasmic free calcium and on the mitochondrial membrane potential in human diploid fibroblasts, Radiat Environ Biophys 43:203-207.

掲載誌: Radiat Environ Biophys 2010; 49 (3): 293-294

この編集長の懸念表明は、2004年のPilger論文(間欠的な50Hz電磁界細胞質内の自由カルシウムミトコンドリア膜電位に影響しないが、コメットアッセイにより計測されたDNA切断には有意な影響が見られたことを報告した)のデータ偽造疑惑についてオーストリア科学公正局が現在調査中であること、その論文で発表されたDNA鎖切断のデータの有効性については現在そのような状況にあることを読者は認識してもらいたいことを伝えている。この表明は、出版倫理委員会(COPE)のガイドラインにしたがって決定したものである。この問題は、A. Lerchlから編集長へのレター(Pilger他の図1に示されたDNA損傷データの標準偏差が極めて小さいことを指摘)に端を発し、データ偽造の告発が多数提起されている(Vijayalaxmi 他、2006年;Wolf、2008年;Lerchl、2009年;Drexler 及び Schaller、2009年;Baan、2009年;Lerchl 及びWilhelm、2010年)こと、ウィーン医科大学の対応、学術誌としての判断などの経緯を説明しており、調査結果が明らかになり次第、読者に報告すると結んでいる。

ばく露

コメントがつけられた論文