[マウス初期ライディッヒ細胞のテストステロン産生における正弦波50 Hz磁界の影響] med./bio.

Effect of sinusoidal 50 Hz magnetic field on the testosterone production of mouse primary Leydig cell culture.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1998; 19 (7): 429-431

<目的>48時間初期マウスのライディッヒ細胞の、定常およびhCG刺激におけるテストステロン産生に対するサイン様50Hz磁界の効果を検討する。 <方法>CFLPマウスの睾丸より皮膜を除去後、間質細胞分離し、コーニング24穴プリートに1×10^6/mlでhCG存在下および非存在下に48時間培養テストステロン産生を検討した。培養中に50Hz交流磁界曝露群と非曝露群でテストステロン産生を検討した。 <結果及び結論>hCG非存在下では、テストステロンの産生量がコントロール群に比べて曝露群の方が有意に多かった。一方hCG存在下では、コントロール群と曝露群には有意差が見られなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文