研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[モルモットの精巣に対する超低周波電磁界の影響] med./bio.

Effects of extremely low frequency electromagnetic fields on testes in guinea pig.

掲載誌: Pak J Biol Sci 2007; 10 (24): 4519-4522

この研究は、さまざまなばく露条件で超低周波磁界(ELF MF)のばく露を受けた成獣のオスのモルモットのテストステロンホルモンレベルの変化および精巣組織の変化を調べた。36匹のモルモットを6群に分けた。1日2時間で5日間ばく露の実験については、A群が無ばく露対照群、B群は5 Hz、0.013 mTの磁界ばく露群、C群は50 Hz、0.207 mTの磁界ばく露群とし、1日4時間で5日間ばく露の実験については、D群は5 Hz、0.013 mTの磁界ばく露群、E群は50 Hz、0.207 mTの磁界ばく露群、F群は無ばく露対照群とした。5日間のばく露終了後にモルモットの血液を検査し、各群のデータをt検定により分析した。その結果、4時間ばく露群および2時間ばく露群のどちらもそれぞれの対照群との間に有意差があり、ばく露群でのテストステロンレベルは有意に低下した;精巣組織試料における主要組織の変化が、いくつかの処置群で観察された、と報告している。

研究目的(著者による)

モルモットにおける電磁界ばく露に対するテストステロンホルモンレベル及び精巣組織の変化を測定すること。

詳細情報

雄のモルモット36匹を4群に分け、強度が0.013または0.207µTの電磁界(5Hz及び50Hz)に様々な持続時間でばく露、2群を偽ばく露した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 5 Hz
ばく露時間: continuous for 2 h/day for 5 days or 4 h/day for 5 days
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 2 h/day for 5 days or 4 h/day for 5 days

ばく露1

主たる特性
周波数 5 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 2 h/day for 5 days or 4 h/day for 5 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.013 µT - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 2 h/day for 5 days or 4 h/day for 5 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.207 µT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露群及び偽ばく露群のテストステロンのレベルは有意に異なり、ばく露群で有意に低下した。ばく露に関連する破壊的変化が精巣組織に見られた(精細管及び間質組織の委縮、ライディッヒ細胞数の減少)。

テストステロンの低下は、間質腔及びライディッヒ細胞損傷の結果かも知れない。

研究の種別:

研究助成

関連論文