[HL-60細胞における900 MHz無線周波電磁界とドキソルビシンの組み合わせばく露の影響] med./bio.

The Effect of Combined Exposure of 900 MHz Radiofrequency Fields and Doxorubicin in HL-60 Cells.

掲載誌: PLoS One 2012; 7 (9): e46102

この研究は、ヒト前骨髄球性白血病細胞HL-60細胞)に、無線周波電磁界RF)の事前ばく露(900 MHz、12 -1200 μW/cm2、1日1時間で3日間)を与えた後、化学療法剤ドキソルビン(DOX, 0.125 mg/L)を投与して、種々の指標で毒性評価した(生存率アポトーシスミトコンドリア膜タンパク(MMP)、細胞内遊離カルシウム(Ca2+)、Ca2+-Mg2+ -ATPase活性)。無ばく露群、擬似ばく露群、RF単独ばく露群(12 μW/cm2)、DOX単独投与群、RF+DOXばく露群(RFレベルは12、120、1200 μW/cm2の3通り)を比較した結果、無ばく露群、擬似ばく露群、RF単独ばく露群に有意差はなかった;DOX単独投与群はこれら3群に比べ、生存率低下・アポトーシス増加・MMP減少・Ca2+増加・Ca2+-Mg2+ -ATPase活性の低下を示した;DOX単独投与群でのこのような結果をRF+DOXばく露群に比べ、細胞増殖上昇・アポトーシス減少、MMP増加・Ca2+減少・Ca2+-Mg2+ -ATPase活性の上昇を示し、DOXの毒性影響に対し、RFは保護作用を示したと報告している。

ばく露

関連論文