研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[アルツハイマー病のリスク因子:トルコ、イスタンブールにおける集団症例対照研究] epidem.

Risk factors for Alzheimer disease: a population-based case-control study in Istanbul, Turkey.

掲載誌: Alzheimer Dis Assoc Disord 2003; 17 (3): 139-145

我々は、トルコ、イスタンブールにおけるアルツハイマー病(AD)の危険要因を調査する目的で、集団症例対照研究を行った。認知機能障害の集団から70歳を超える人が選ばれた。第2段階で、スクリーニング陽性者と対応するスクニーリング陰性者に神経学的検査が実施された。この検査によって、57人の“推定”AD患者が症例対象者とされ、認知的に正常と確認された127人が対照群とされた。オッズ比(OR)は多変量ロジスティック回帰分析で計算された。総合大学/単科大学卒業者はAD危険性[OR=0.10、95%信頼区間(CI)=0.02-0.50]に対して防護効果を有していた。電磁界ばく露する職業の被験者は、OR=4.02、95%CI=1.02-15.78という結果になった。住宅暖房用に電気を使用している被験者も、高い危険性(OR=2.77、95%CI=1.12-6.85)を示した。これらの結果から、高学歴の人はADの危険性が小さく、職場や家庭での電磁界ばく露は大きな危険要因になることが示された。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文