研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[脳組織からのカルシウムイオン流出:50 MHzのRF放射における電力密度および内部電磁界強度への依存性の比較] med./bio.

Calcium-ion efflux from brain tissue: power-density versus internal field-intensity dependencies at 50-MHz RF radiation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1980; 1 (3): 277-283

この研究は、インビトロでのニワトリ脳組織からのカルシウムイオン流出への電磁界ばく露の影響を調べた。先行研究では、16Hz振幅変調された147MHz電磁界では特定範囲の電力密度において流出の変化を観察したと報告している。今回は、Crawfordセルを用いた同様のばく露方法で、同じく16Hz振幅変調された50MHz電磁界の影響を調べた。カルシウムイオン流出変化の検出を高めるために、電力密度ウィンドウを広げた。その結果、影響が効果的に出現する電力密度は、1.44mW / cm2から1.67mW / cm2までの範囲および3.64mW / cm2を含む範囲の2つの領域である;これらの領域は、効果の見られない領域である0.72、2.17、および4.32mW/ cm2を両側に挟んでいた;正の効果のピークは、ほぼ同一のエネルギー吸収率(147MHzで1.4μW/ g、50MHzで1.3μW/ g)に関連しており、これは、流出増加現象が、入射電磁界電力密度よりも脳内の電界強度に依存することを示す、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 50 MHz radiofrequency irradiation on the calcium-ion efflux from avian brain tissue in vitro.

詳細情報

After decapitation chick forebrain was removed, followed by a labeling period with radioactive calcium solution which was aspirated by the tissue.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 MHz
Modulation type: AM
ばく露時間: continuous for 20 min
  • 電力密度: 3.7 W/m² minimum (0.72 mW/cm², 1.44 mW/cm², 1.67 mW/cm², 2.17 mW/cm², 3.64 mW/cm² and 4.32 mW/cm²)

ばく露1

主たる特性
周波数 50 MHz
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 20 min
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 16 Hz
Modulation depth 95 %
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Crawford cell
ばく露装置の詳細 Tissue samples were held in polycarbonate racks which were placed on either side of the transmission line`s center conductor.
Additional information A foamed polystyrene chamber maintained at 37°C housed the transmission line. Control samples were placed on shelves with the chamber adjecent to the transmission line maintained at the same temperature.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3.7 W/m² minimum 測定値 - 0.72 mW/cm², 1.44 mW/cm², 1.67 mW/cm², 2.17 mW/cm², 3.64 mW/cm² and 4.32 mW/cm²

Reference articles

  • Blackman CF et al. (1979): [ラジオ周波放射による脳組織からのカルシウムイオン流出の誘導:変調周波数および強度の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A statistically significant increase of calcium-ion efflux was observed at power densities of 1.44, 1.67, and 3,64 mW/cm2.

研究の種別:

研究助成

関連論文