研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[単層細胞培養におけるミリ波放射の影響。Ⅲ。タンパク質合成に対する周波数に特有の亜熱の生物学的影響の検査] med./bio.

Effects of millimeter-wave radiation on monolayer cell cultures. III. A search for frequency-specific athermal biological effects on protein synthesis.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1981; 2 (2): 151-159

この研究は、著者らが開発した細胞マイクロ波ばく露システムを用いて、BHK-21 / C13細胞のタンパク質合成への影響を調べた。このばく露手法では、単層培養物をマイクロ波透過性のポリスチレン製カバースリップ上で成長させ、導波管の開放端に配置し、EバンドおよびUバンドの周波数(平均電力密度292および177mW / cm 2)でばく露を行う。ばく露中、温度は37.2℃に保持された。マイクロ波の影響は、38〜48GHzおよび65〜75GHzの範囲で0.1GHz刻みで評価した。マイクロ波放射中の15分間に標識メチオニンを取り込ませる培養を4回繰り返して、タンパク質合成を測定した。単層培養物を導波管口の長軸に沿ってマイクロデンシトメータで走査して得たオートラジオグラフにより取り込みを定量した。細胞に入射するマイクロ波電力は、導波管口の各端部におけるゼロから導波管の中心における平均電力密度の2倍まで、コサインの2乗の関係で長軸に沿って変化することが先行研究で示されている。この手法を用いれば、狭い振幅領域または「電力ウインドウ」においてのみ現れるかも知れない生物学的影響を明らかにできる可能性がある。結果として、EバンドおよびUバンドの202個の近接した周波数で照射された単層培養物におけるタンパク質合成の観察は、マイクロ波ばく露に関連する変化を明らかにしなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of millimeter wave irradiation on protein synthesis in cultured hamster cells under controlled thermal conditions.

詳細情報

Protein synthesis was determined by measurement of optical densities of autoradiographes based on the incorporation of ³H-labeled methionine.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 38–48 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 15 min
ばく露2: 65–75 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 15 min

ばく露1

主たる特性
周波数 38–48 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 15 min
Additional information 0,1 GHz increments
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 円筒導波管
  • open end of a waveguide; aperture 3.1 x 1.55 mm
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 292 mW/cm² maximum - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 65–75 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 15 min
Additional information 0,1 GHz increments
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 円筒導波管
  • open end of a waveguide; aperture 4.8 x 2.4 mm
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 177 mW/cm² maximum - - -

Reference articles

  • Partlow LM et al. (1981): [単層細胞培養におけるミリ波放射の影響 Ⅰ 新しいばく露システムのデザインと検証]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

No evidence was found for frequency specific athermal biological effects or for the existence of an amplitude specific "power window".

研究の種別:

研究助成

関連論文