[携帯電話使用と耳下腺の変化:分子レベルの証拠なし] med./bio.

Cell phone use and parotid salivary gland alterations: no molecular evidence.

掲載誌: Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2014; 23 (7): 1428-1431

この研究は、62人のボランティアの唾液分析により、携帯電話使用が耳下腺細胞ストレス関連遺伝子産物の発現を変化させるか否かを調べた。それぞれの被験者において、携帯電話使用側の耳下腺から採取した唾液を、反対側耳下腺から採取した唾液と比較した。比較した唾液パラメータは、唾液分泌量、総タンパク濃度、p53、p21、活性酸素種グルタチオンレベル、熱ショックタンパク27と70、IgAである。その結果、全てのパラメータについて、両側の唾液で差はなかった;携帯電話使用年数または月間平均使用時間(分)で被験者をグループ分けしても差は見られなかった、と報告している。

ばく露

研究助成

関連論文