[グルタミン酸溶液に対する弱い磁界の影響について:水の機能] med./bio.

On the Effect of Weak Magnetic Field on Solutions of Glutamic Acid: the Function of Water.

掲載誌: J Phys Conf Ser 2011; 329: 1-8

この研究は、フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)のATR(全反射)法を用いて、超低周波磁界ばく露によりグルタミン酸水溶液中のグルタミン酸に構造変化が生じるか否かを観察した。ヘルムホルツコイル磁界へのばく露時間は10、20、30分間とした。その結果、種々のpH値のグルタミン酸水溶液全てにおいて、超低周波磁界ばく露後に脱プロトン化種へのシフトが見られた;この影響はばく露から数分間持続し、その後に本来の構造に戻った、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文