[組織工学および創傷治癒に対する電磁界の治療法としての可能性] basics

Therapeutic potential of electromagnetic fields for tissue engineering and wound healing.

掲載誌: Cell Prolif 2014; 47 (6): 485-493

この総説は、低周波(30-300 kHz)および超低周波(3-30 Hz))の電磁界EMF)の細胞刺激作用細胞移動増殖分化、成長因子発現一酸化窒素信号伝達、サイトカイン変化等々)を広範に論じた後、著者が特に力を入れて論じているのは、超低周波EMFの有望性;神経変性疾患治療および骨組織工学におけるEMFと間葉幹細胞の組合せ効果;組織工学におけるEMF応用;薬剤体内送達および創傷被覆におけるEMFと金属製ナノ粒子の利用、などである。

ばく露

関連論文