[8週齢のSprague Dawley雄ラットの海馬錐体ニューロンに対する900MHz電磁界の有害な影響] med./bio.

Deleterious impacts of a 900 MHz electromagnetic field on hippocampal pyramidal neurons of 8-week-old Sprague Dawley male rats.

掲載誌: Brain Res 2015; 1624: 232-238

この研究は、900MHzの電磁界EMF)にばく露後の8週齢Sprague Dawley雄ラット海馬アンモン角の錐体ニューロンの数を調べた。対照群擬似ばく露群、EMFばく露群(各群n=6)とし、ばく露群は900MHz EMFばく露を1日1時間、30日間受けた。全ての実験終了後に摘出された脳の組織病理学的、立体解析学的検査を行った。その結果、ばく露群では、他の2群に比べ、錐体ニューロン異常な形態や染色が見られた;ばく露群では、他の2群に比べ、アンモン角の錐体ニューロンの数が有意に少なかった、と報告している。

ばく露

研究助成

関連論文