研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの新規物体連想認識メモリに対する1.8GHz無線周波電磁放射の影響] med./bio.

Effect of 1.8 GHz radiofrequency electromagnetic radiation on novel object associative recognition memory in mice.

掲載誌: Sci Rep 2017; 7: 44521

この研究は、マウスでの新規物体認識タスク(NORT)を用いて、1回の1.8GHz無線周波電磁放射RF-EMR)への30分間ばく露が、その後の認識記憶に与える影響を調べた。その結果、SARが2.2 W/kgとなる電力密度を上回るRF-EMR強度において、NORT指標は電力密度依存的に上昇したが、自発運動活動は変化しなかった;RF-EMRばく露は、海馬および前頭前皮質ニューロンでの樹状突起棘の密度および長さを増加させた(ゴルジ体染色で検証);海馬および内側前頭前皮質の組織切片でのホールセルレコーディングによれば、RF-EMRばく露は、錐体ニューロンの静止膜電位および活動電位頻度を変化させ、活動電位半値幅、閾値などの低下させることが示された、と報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.8 GHz
ばく露2: 1.8 GHz
ばく露3: 1.8 GHz
ばく露4: 1.8 GHz
ばく露5: 1.8 GHz

ばく露1

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.98 W/kg mean 計算値 brain -
電界強度 138.8 V/m effective value 測定値 - -
電力 90 W - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.2 W/kg mean 計算値 brain -
電界強度 146.4 V/m effective value 測定値 - -
電力 100 W - - - -

ばく露3

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.42 W/kg mean 計算値 brain -
電界強度 153.5 V/m effective value 測定値 - -
電力 110 W - - - -

ばく露4

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.86 W/kg mean 計算値 brain -
電界強度 166.9 V/m effective value 測定値 - -
電力 130 W - - - -

ばく露5

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 3.3 W/kg mean 計算値 brain -
電界強度 179.3 V/m effective value 測定値 - -
電力 150 W - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文