研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[虚血部でのカルシウム組織変化に対するパルス電磁界の影響] med./bio.

Effect of pulsed electromagnetic fields on calcium tissue changes in focal ischaemia.

掲載誌: Neurol Res 1990; 12 (2): 95-98

この研究は、中大脳動脈閉塞(MCAo)ラットに対するパルス電磁界PEMF)(パラメータ:27.1MHz、ピーク電力585W、パルス幅65μ秒、パルス繰り返し率毎秒400回)の影響効を調べた。 8匹のラットからなる4つの群はそれぞれ、顕微鏡下手術によりMCAo状態にされた。2つの群は、虚血発症の2時間後にPEMF発生器による処置を受け、MCAo手術から4および24時間後に屠殺された。他の2つの群は、PEMF処置なしで、同じく4および24時間後に屠殺された。局所脳組織ナトリウムカリウムおよびカルシウム含有量を原子分光光度法で測定した。その結果、脊髄挫傷で見られる結果とは異なり、PEMF処置群と非処置群との間に有意差は見られなかった;MCAoの24時間後の梗塞組織で通常観察される組織乾燥重量当たりのカルシウム含有量の300%上昇を、PEMF処置は変化させなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of a PEMF (pulsating electromagnetic field) irradiation in vivo on the content of sodium, potassium, and calcium in brain tissue on rats undergoing middle cerebral artery occlusion (MCAO).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 27.1 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 2 h

ばく露1

主たる特性
周波数 27.1 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 2 h
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 65 µs
Repetition frequency 400 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 585 W peak - - -
SAR 2 W/g unspecified 推定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

PEMF exposure did not significantly alter brain tissue calcium and electrolyte content when compared to control groups.

研究の種別:

研究助成

関連論文