研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波放射ばく露中における生物由来物質の蛍光プローブによる研究に関する新たな方法] med./bio.

A novel method for the study of fluorescent probes in biological material during exposure to microwave radiation.

掲載誌: J Biochem Biophys Methods 1981; 5 (3): 157-167
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、マイクロ波へのばく露の前、中、後における赤血球ゴースト膜の蛍光モニタリングを可能にする計装を利用し、蛍光プローブ(1-アニリノ-8-ナフタレンスルホネート(ANS))を使用して赤血球ゴーストへのカルシウムの結合に対するマイクロ波放射の影響をモニターした。この計装は、非蛍光UV透過光ファイバケーブルを使用して、特定波長の励起光を、温度制御された流体で満たされた導波管内での2450MHz、CWのばく露を受けている試料(撹拌している)に送達するものである。蛍光データは、同じケーブルを用いて収集され、適切なフィルターを通して、標準検出、増幅および記録のための装置に伝送される。その結果、比吸収率10および200mW / gのマイクロ波ばく露は、ANSの膜への結合に影響を及ぼさなかった;2.0〜10.0 x 10 -4 Mの範囲のカルシウム結合へのマイクロ波の影響において、量反応関係は見られなかった、などを報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effect of 2450 MHz CW microwave irradiation on calcium binding to erythrocyte ghosts. For this approach the fluorescent probe ANS (1-anilino-8-naphthalene sulfonate) was used.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous 10 min
  • SAR: 10 mW/g minimum (center of stirred solution)
  • SAR: 200 mW/g maximum (center of stirred solution)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous 10 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 waterfilled
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 10 mW/g minimum 測定値 - center of stirred solution
SAR 200 mW/g maximum 測定値 - center of stirred solution

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Overall no effects were observed. Neither specific absorption rates of 10 and 200 mW/g nor calcium doses between 2.0 and 10.0 x10-4 M had any effect on binding of ANS to the erythrocyte ghosts or calcium binding, respectively. Also the intrermolecular distances between membrane bound ANS and intrinsic tryptophan residues were not altered.

研究の種別:

研究助成