[携帯電話への出生前ばく露による持続的な肝毒性作用] med./bio.

Lasting hepatotoxic effects of prenatal mobile phone exposure.

掲載誌: J Matern Fetal Neonatal Med 2017; 30 (11): 1355-1359

この研究は、無線周波電磁界EMFデジタル信号発生器で生成した900MHz電磁界)に24時間/日、20日間ばく露した妊娠ラットから出生した仔ラットで、出生後60日目の影響を調べた。EMFばく露ラット群および対照ラット群それぞれから出生した仔ラットから、雌雄それぞれ7匹を抽出し、出生後60日目の肝臓組織および血液の試料を分析した。その結果、出生前ばく露群において、肝臓マロンジアルデヒドレベル上昇およびグルタチオンレベル低下が有意であった;血清中のアラニンアミノ基転移酵素およびアスパラギン酸アミノ基転移酵素のレベルが有意に上昇した;病理組織学的分析では、出生前ばく露群の肝臓切片で、細胞質の好酸性構造、濃縮した核、および線維症を伴う肝細胞の強い変性が見られた、と報告している。

ばく露

研究助成