[超低周波(ELF)電磁界は虚血性脳卒中の患者の酸化ストレスを減少させ、機能状態および心理状態を改善する] med./bio.

Extremely low frequency electromagnetic field (ELF-EMF) reduces oxidative stress and improves functional and psychological status in ischemic stroke patients.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2017; 38 (5): 386-396

この研究は、脳卒中後の患者における臨床状態および抗酸化状態に対する超低周波(ELF)電磁界の影響を調査した。患者57人をELFばく露群および非ばく露群に分け、同じ4週間のリハビリテーションプログラムを行った。ELFばく露群は、40Hz、7mTのELF電磁界に15分間/日、5日間/週、4週間ばく露された。溶血液中のカタラーゼおよびスーパーオキシドジスムターゼの活性を測定し、血漿中の総酸化状態(TAS)を判定した。一連の処理の前後での機能状態を、日常生活の活動(ADL)、ミニメンタル状態検査(MMSE)、高齢者うつ病尺度(GDS)を用いて評価した。ELF電磁界の適用は、酵素の抗酸化活性を有意に増加させた;但し、どちらのグループでもTASレベルは変化しなかった。著者らは、この結果はELF電磁界が機能状態(ADL)および精神状態(MMSE、GDS)を有意に改善することを示している、と結論付けている。

ばく露

関連論文