研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[中程度の期間により肝臓バイオアッセイによるラット肝臓発がんに対する携帯電話(929.2 MHz)使用近傍電磁界にはプロモータ効果はない] med./bio.

Lack of promoting effects of the electromagnetic near-field used for cellular phones (929.2 MHz) on rat liver carcinogenesis in a medium-term liver bioassay.

掲載誌: Carcinogenesis 1998; 19 (2): 311-314

この研究は、中期バイオアッセイを用いて、パルス変調929.2MH電磁界近傍界の局所ばく露に、化学的にイニシェートによるラット発がんをプロモートするポテンシャルがあるか否かを調べた。 PDC(Personal Digital Cellular、日本の携帯電話標準)システムの時分割多元接続(TDMA)信号の929.2MHz電磁界近傍界を、1/4波長モノポールアンテナによりラットに指向させた。時間平均での最大局所吸収率(SAR)は全身で7.2〜6.6W / kg、標的器官肝臓で2.0〜1.7W / kgであった。時間平均の全身平均SARは0.80〜0.58W / kgであった。時間的ピークSARは、PDC信号のデューティ比のために、これらの値の3倍になった。ばく露は、1日90分、5日/週、6週間継続された。ばく露装置は、ラット体部の側方中央部分近傍界ばく露を与えるように特別に設計された。 6週齢の雄F344ラットは、イニシェーションとしてジエチルニトロソアミン(DEN、200mg / kg体重、腹腔内投与)を単回投与され(0週目)、その2週間後からばく露(n = 48)、擬似ばく露(n = 48)を開始した。 3週目に、全てのラットに2/3部分肝切除術を施した。 8週目(すなわち、6週間のばく露または擬似ばく露後)で実験を終了し、全てのラットを屠殺した。発がんポテンシャルは、肝臓誘導された胎盤グルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST-P)陽性病巣の数および面積を比較することでスコア化された。 DEN+部分肝切除術群(n = 24)を対照群とした。その結果、ばく露群、擬似ばく露群および対照群での単位面積( cm2)当たりのGST-P陽性病巣の数は、4.61 +/- 1.77、5.21 +/- 1.92(対照との有意差あり;P <0.05)および4.09 +/- 1.47であり、単位面積( cm2)当たりの病巣面積(mm2)は、0.30 +/- 0.16、0.36 +/- 0.21および0.28 +/- 0.15であった;ばく露群と擬似ばく露群の間に有意差はなかった;これらの知見は、PDC波形変調された929.2MHz電磁界への局所身体ばく露は、使用された実験条件下で、ラット肝での発がん有意な影響を及ぼさないことを明確に示した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the possible cancer promotion potential of local exposure to a pulse modulated 929.2 MHz electromagnetic near field on chemically (diethylnitrosamine)-initiated rat liver carcinogenesis employing a medium-term bioassay.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 929.2 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 90 min/day, 5 days a week, over 6 weeks
  • 電力: 0.52 W (antenna input)
  • SAR: 0.8 W/kg average over mass (whole body) (0.58-0.80 W/kg)
  • SAR: 2 W/kg maximum (partial body) (2.0-1.7 W/kg in the liver)
  • SAR: 72 W/kg maximum (whole body) (7.2-6.6 W/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 929.2 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 repeated daily exposure, 90 min/day, 5 days a week, over 6 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 33 %
Repetition frequency 50 Hz
Additional information

PDC modulation (Japanese Personal Digital Cellular standard)

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • モノポール
  • quarter wavelength
Distance between exposed object and exposure source 1 cm
チャンバの詳細 A total of 12 exposure boxes with the antenna located at the centre of the bottom were placed in separate rooms.
ばく露装置の詳細 Animals were held individually in narrow plastic cylinders of 55 mm or 70 mm diameter with ventilation holes. Two cylinders were placed on either side of the antenna.
Additional information Animals were given a single injection of diethylnitrosamine two weeks before exposure to initiate hepatocarcinogenesis. Animals for sham exposure were treated the same way as animals in the exposure group but without EMF. Animals in the control group were not placed in the cylinders or exposure boxes.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 0.52 W - - - antenna input
SAR 0.8 W/kg average over mass - whole body 0.58-0.80 W/kg
SAR 2 W/kg maximum - partial body 2.0-1.7 W/kg in the liver
SAR 72 W/kg maximum 備考を参照のこと。 whole body 7.2-6.6 W/kg

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The study does not show any significant effect on rat liver carcinogenesis under the experimental present conditions.

研究の種別:

研究助成

関連論文