研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波による熱ストレス時の視床下部および尾状核でのアミノ酸の濃度:微小透析による分析] med./bio.

Amino acid concentrations in hypothalamic and caudate nuclei during microwave-induced thermal stress: analysis by microdialysis.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1997; 18 (3): 277-283

この研究は、無線周波放射(RFR)ばく露で生じる熱応答について調べるため、RFRへのばく露前およびばく露中のラット視床下部(Hyp)および尾状核(CN)の細胞アミノ酸濃度をインビボ測定した。ウレタン麻酔下で、各ラットに非金属製の微小透析プローブおよび温度プローブガイドを定位固定法にて植え込み、次いでばく露チャンバーに入れた。ラットは右側を下に横たわり、頭と首を導波管の真下に置いた。ばく露には、5.02 GHz(パルス幅10μs、1000パルス/秒)を用いた。温度プローブを、左脳、右脳、顔面(皮下)、左鼓室、および直腸に配置した。各微小透析サンプルを20分間、採取した。微小透析プローブは、ばく露開始前に2時間灌流した。40分のばく露中、脳の右側および左側はそれぞれ約41.2および41.7℃に維持された。この温度での、脳の右側および左側のSARはそれぞれ29および40 W / kgであった。透析液の分析には、電気化学検出とともに、高速液体クロマトグラフィーを用いた。その結果、HypおよびCNでは、アスパラギン酸セリン、およびグリシンの濃度は、RFRばく露中に有意に増加した(P <0.05);これらの知見から、RFR誘発熱ストレスは、体温調節中枢に限定されないアミノ酸濃度の一般的な変化を生じることが示唆された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of thermal stress produced by exposure to 5.02 GHz irradiation on amino acid concentration in the hypothalamus and caudate nucleus of rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 5.02 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 40 min
  • SAR: 40 mW/g average over time (cf. remarks) (for the left side of the brain.)
  • SAR: 29 mW/g average over time (cf. remarks) (for right side of the brain.)
  • 電力: 50 W mean (set initially, later on set between 0 to 10 W.)

ばく露1

主たる特性
周波数 5.02 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 40 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 10 µs
Repetition frequency 1,000 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 0.095 m
チャンバの詳細 Anechoic chamber
ばく露装置の詳細 Rat laid on its right side with its left side of the head and neck placed directly under the wave guide.
Additional information Long axis of the rat`s body was parallel to the EF.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 40 mW/g average over time - cf. remarks for the left side of the brain.
SAR 29 mW/g average over time - cf. remarks for right side of the brain.
電力 50 W mean 校正 - set initially, later on set between 0 to 10 W.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

In the hypothalamus and caudate nucleus, the concentrations of aspartic acid, serine, and glycine increased significantly during exposure. These findings indicate that radiofrequency-induced thermal stress produces a general change in the amino acid concentrations that is not restricted to thermoregulatory centers (hypothalamus). Changes in the concentrations of glutamic acid and glutamine were not statistically significant. Altered amino acid concentrations may reveal which brain regions are susceptible to damage in response to radiofrequency-induced thermal stress.

研究の種別:

研究助成

関連論文