研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波と細胞膜:その4 ヒト赤血球におけるタンパク質分断:高速液体クロマトグラフィーによる定量分析] med./bio.

Microwaves and the cell membrane. IV. Protein shedding in the human erythrocyte: quantitative analysis by high-performance liquid chromatography.

掲載誌: Radiat Res 1988; 114 (3): 500-514

この研究は、マイクロ波照射によりヒト赤血球タンパク質脱落現象が生じると著者は考え、それについて実験した。高性能液体クロマトグラフィー(HPLC)および赤血球血液抗原試験のそれぞれ異なる方法を使用することによって、定量的および定性的なタンパク質測定を吟味した。その結果、マイクロ波ばく露は、タンパク質質量の放出をおよそ2倍にする; 放出されたタンパク質は、疎水性、正味で正電荷、および非極性として特徴付けられた; 血液抗原検査によれば、これらのタンパク質細胞表面にゆるやかに末端結合しているらしい、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the phenomenon of protein shedding in human erythrocytes caused by mircowave irradiation.

詳細情報

Quantitative and qualitative protein determination was assessed by using different methods of high performance liquid chromatography (HPLC) and erythrocyte blood group antigen testing, respectively.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 30 min
-

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • tunable waveguide
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

Reference articles

  • Liburdy RP et al. (1985): [マイクロ波と細胞膜:その2 赤血球のマイクロ波誘導による膜透過性を温度、血漿、酸素が仲介する]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave exposure leads to an approximate twofold release of protein mass. The released proteins were characterized as hydrophobic, positive net charged, and nonpolar. The results of the blood group antigen testing support the idea that these proteins are loosely peripheral bound to the cell surface.

研究の種別:

研究助成