研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[60GHz CW発生源からの10mW/cm2への単回または反復のばく露のいずれでも眼への影響は見られず] med./bio.

Absence of ocular effects after either single or repeated exposure to 10 mW/cm(2) from a 60 GHz CW source.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1999; 20 (8): 463-473

この研究は、ミリ波(60 GHz)ばく露による眼への影響について調べた。ウサギを実験対象とした研究をまず実施し、次の段階では非ヒト霊長類としてアカゲザル(Macaca mulatta)を用いた実験を実施した。時間分解赤外線放射測定法を用いて、さまざまな60 GHzアンテナにより生成される電磁界分布パターンを評価し、一様なエネルギー分布と実験対象のばく露に最適な距離が得られるアンテナを選択した。その後、入射電力密度10 mW / cm 2でばく露後の眼球の変化を調べた。ウサギおよびアカゲザルのどちらにおいても、急性ばく露は単回の8時間のばく露、反復ばく露は4時間ばく露を連日で5回繰り返した。各動物の片側の眼をばく露し、反対側の眼を擬似ばく露対照とした。ばく露終了後の診断検査の後、屠殺し、眼を摘出した。眼の組織は、光学顕微鏡および透過電子顕微鏡で検査した。その結果、ウサギの実験において、急性ばく露および反復ばく露のどちらにおいても、顕微鏡検査でも診断検査でも、10 mW / cm 2でのミリ波ばく露に起因すると考えられる眼の変化は見出されなかった;同様のばく露を受けたアカゲザルにおいても、ばく露による眼の変化は見出されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine ocular effects associated with exposure to millimeter waves (60 GHz).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: single exposure for 8 h
ばく露2: 60 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: repeated exposure: 5 x 4 h on consecutive days

ばく露1

主たる特性
周波数 60 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 single exposure for 8 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 0.15 m
Additional information One eye was exposed and the other served as control.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² unspecified 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 60 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated exposure: 5 x 4 h on consecutive days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 0.15 m
Additional information One eye was exposed and the other served as control.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Neither single nor repeated exposure to 10 mW/cm² from a 60 GHz CW source results in any observable ocular changes to the components of the anterior chamber in either the rabbit or nonhuman primate.

研究の種別:

研究助成

関連論文