研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電磁波放出物および「気功」がヒトの白血球機能を増強する] med./bio.

Electromagnetic wave emitting products and "Kikoh" potentiate human leukocyte functions.

掲載誌: Int J Biometeorol 1993; 37 (3): 133-138

この研究は、遠赤外線領域(波長4-14ミクロン)の電磁放射する物を取り上げ、ヒト白血球活性および不飽和脂肪酸脂質過酸化への影響を調べた。調査対象は、トルマリン、一般的な花崗岩、セラミックディスク、温泉水および人の手のひらエネルギー(日本と中国で「気功」と呼ばれる)である。結果として、遠赤外線領域の電磁放射物質は、酸化損傷促進することなく白血球機能を高める可能性が示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of electromagnetic wave emitting matter (e.g. hot spring water, electric stone) and so called "Kikohshi" (a person who heals by laying on of hands) on human leukocyte function and the oxidation of unsaturated fatty acids in vitro. All the investigated matter is supposed to emit far infrared rays with 4-14 μm (which is about 30 THz).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
ばく露時間: 60 min
-

ばく露1

主たる特性
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 60 min
Additional information 4-14µm
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • tourmalin, granit stones or ceramic disks; 2x2x2cm; 2, 4, 6, 8, 10
チャンバの詳細 tubes in water bath
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results of this study show that human leukocytes can be affected by materials capable of emitting far infrared electromagnetic radiation in vitro. The mechanism for these observations is not known.

研究の種別:

研究助成