研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文 (医学/生物学の研究)

[アルツハイマー病に関連した要因:レビューの概観] review

Factors Associated with Alzheimer's Disease: An Overview of Reviews.

掲載誌: J Prev Alzheimers Dis 2019; 6 (2): 121-134

この論文は、アルツハイマー病(AD)に関連する修正可能なリスク因子についての文献レビュー及びメタ分析である。喫煙、糖尿病、高血圧、肥満、高コレステロール血症、運動不足、抑うつ、頭部外傷、心不全、出血性及び虚血脳卒中睡眠時無呼吸症候群は、ADのリスク上昇と関連しているようである。これらのよく知られた関連に加えて、著者らは、高ホモシステイン血症、難聴、本態性振戦磁界への職業ばく露という、あまり取り上げられていない関連因子の存在を強調している。対照的に、ある種の経口糖尿病治療薬、教育及び知的活動、地中海食事療法または健康的な食事指標の使用、不飽和脂肪酸の消費には、防護作用があるようである。ADのリスク因子についてのより良い知識が、リスクにある患者のより良い同定を可能にし、ADの発症を遅らせる、または未然防止するための政策の立案に貢献することになる、と著者らは結論付けている。

ばく露