[超低周波磁界によるクロマフィン細胞の分化は、カテコールアミン型メッセンジャーの割合を変化させる] med./bio.

Differentiation of chromaffin cells by extremely low frequency magnetic fields changes ratios of catecholamine type messenger.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1998; 46 (2): 297-300

超低周波磁界(ELF ME)は生体系に様々な影響を及ぼす。In vitroでのラット・クロム親和細胞はELF MEへばく露された際、神経成長因子NGF)により産出されたものと同様の組織および生化学的変化を示す。ここでは、ELF MEがカテコールアミン(CA)分泌に変化を起こすかどうかを確認するために、NGFもしくはELF MFで7日間分化された出生後のラット・クロム親和細胞の培養を用いた。液体クロマトグラフィーと電気化学検出(HPLC-ED)解析により、培地上のカテコールアミンレベルを調べた。その結果、カテコールアミン分化細胞ドーパミンよりも多くのアドレナリンを分泌したのに対して、分化した細胞アドレナリンよりもドーパミンを多く分泌したことを明らかにした。どちらの場合も、ノルアドレナリンの分泌には変化はなかった。結果を、メッセンジャー率におけるCa2+の役割、また変化中の酵素で議論している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文