研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[運転遂行能力及び神経心理学的認知機能に対する電気自動車の静磁界の影響] med./bio.

Effect of Static Magnetic Field of Electric Vehicles on Driving Performance and on Neuro-Psychological Cognitive Functions.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2019; 16 (18)

電気自動車を運転中のヒトの神経心理学的反応及び脳の活動は交通安全及び公衆安全上の問題とみなされることから、この研究は、電気自動車から生じる静磁界の影響を調べた。学生17人に対する単盲検実験において、350 μTの静磁界へのばく露または擬似ばく露条件下で、運転遂行能力を車線変更タスクで、神経心理学認知機能のばらつきを運転反応時間試験でそれぞれ調べた。運転遂行能力及び認知機能のばらつきに対する脳の活動の指標として、実験中の被験者脳電図(EEG)を記録した。その結果、静磁界が運転遂行能力及び認知機能に及ぼすインパクトはさほどではなかった。EEGのベータサブバンド反応時間との間に相関が認められた、と著者らは報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 0 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 0 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 350 µT - 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究助成

関連論文