[Sprague-Dawleyラットにおける60 Hz磁界と高調波磁界の生殖毒性評価] med./bio.

Evaluation of the developmental toxicity of 60 Hz magnetic fields and harmonic frequencies in Sprague-Dawley rats.

掲載誌: Radiat Res 2000; 153 (5) Pt 2: 637-641

ここでは、180Hz(第3高調波)、単独または60Hzとの複合ばく露がSDラット奇形を生じさせるかどうかを調べた。母親のグループ(≧20/グループ)を妊娠6日から19日で、1日当たり18.5時間以下の条件にばく露させた。1)環境磁界(<0.0001mT;擬似対照)、2)0.2mTの60Hz磁界、3)0.2mTの180Hz磁界、4)60Hz+180Hz(10%の第3高調波磁界で、全磁界は0.2mT)。胎児のサイズ、体重、生きての出産割合、性別比、吸収割合などを調べ、全胎児で外形、内蔵、頭部、骨格などの異常を調べた。磁界は、サイズ、体重、発達などに影響しなかった。肋骨での変形を除き、異常の発生は全グループで同じであった。肋骨の僅かな変形は、(60Hz+180Hz)群で見られた。しかし、この変形は、実験室でこれまで見られているものと同じであった。これらのデータから、60Hz、180Hzの重畳磁界は発達毒性に影響しないことを示している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文