研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[リスザルの行動による体温調節:長期的なマイクロ波ばく露中の適応過程] med./bio.

Behavioral thermoregulation in the squirrel monkey: adaptation processes during prolonged microwave exposure.

掲載誌: Behav Neurosci 1983; 97 (1): 49-61

この研究は、リスザルに、冷気(10〜15℃)と暖気(50〜55℃)を選択できるようにして無響室温度を調節することを学習させた後、無響室内での2450 MHzマイクロ波ばく露レベルを変化させて、温度の調節行動を観察した。予め、電力密度6〜8 mW / cm 2での10分間ばく曝中に、リスザルは環境温度を下げる行動を必ず選択することを確認した。この閾値の上下の電力密度(4, 10, 20 mW/cm2)で、ばく露時間を5〜150分間の範囲で変化させて実験した。リスザルは1.8×1.8×2.5 mの無響室で、ホーンアンテナからの2450 MHz遠方界内に位置するよう拘束された。4, 10, 20 mW/cm2による全身平均SARは0.6 - 3.0 W/kgの範囲であった。マイクロ波無しの4時間の対照実験も実施した。その結果、4 mW/cm2では、それがどれほど長く続いたとしても、温度調節行動に変化はなかった;10および20 mW/cm2では、それぞれ対照レベルよりも1.5および3.0℃低い環境温度を選択した;一連の実験の最初のマイクロ波ばく露中、または長時間ばく露の初めの数分間を除き、ばく露時間は環境温度の選択または体温に有意な影響を及ぼさなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To explore the effects of longer irradiation durations on thermoregulatory behavior of monkeys.

詳細情報

Monkeys were restrained inside an anechoic chamber which was heated and cooled by forced convection. The monkeys learned to control the temperature of the circulating chamber air by selecting between cold (10-15°C) and warm (50-55°C) air sources.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 10 min
ばく露2: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 5-50 min; 5, 10, 15, 20 and 25 min followed by same off time
  • 電力密度: 200 W/m² maximum (4, 10, 20 mW/cm²)
  • SAR: 600 µW/g minimum (whole body)
  • SAR: 3 mW/g maximum (whole body) (0.6-3.0 W/kg)
ばく露3: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 2.5 h
  • SAR: 3 mW/g maximum (whole body) (0.6-3.0 W/kg)
  • SAR: 600 µW/g minimum (whole body)
  • 電力密度: 200 W/m² maximum (10 or 20 mW/cm²)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
ばく露時間 10 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Anechoic chamber/ 1.8 x 1.8 x 2.5 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 80 W/m² maximum 測定値 - 6-8mW/cm²

ばく露2

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
ばく露時間 5-50 min; 5, 10, 15, 20 and 25 min followed by same off time
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 1.8 x 1.8 x 2.5 m anechoic chamber
ばく露装置の詳細 Monkey chair-restained, nonuniformity 8% without and 13% with chair (50 x 50 cm plane)
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 200 W/m² maximum 測定値 - 4, 10, 20 mW/cm²
SAR 600 µW/g minimum 計算値 whole body -
SAR 3 mW/g maximum 計算値 whole body 0.6-3.0 W/kg

ばく露3

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
ばく露時間 continuous for 2.5 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 3 mW/g maximum 計算値 whole body 0.6-3.0 W/kg
SAR 600 µW/g minimum 計算値 whole body -
電力密度 200 W/m² maximum 測定値 - 10 or 20 mW/cm²

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The 4 mW/cm² microwave irradiation did not modify thermoregulatory behavior, no matter how long it lasted. The 10 and 20 mW/cm² exposures stimulated the animals to select ambient temperatures 1.5 and 3.0°C cooler than control levels, respectively. Except during the first microwave presentation of a series, or during the early minutes of a single long irradiation, duration had no significant effect on selection of air temperature or on the body temperatures achieved thereby.

研究の種別:

研究助成

関連論文