研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[リスザルによる対流冷却およびマイクロ波照射のオペラント行動のコントロール] med./bio.

Operant control of convective cooling and microwave irradiation by the squirrel monkey.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1985; 6 (4): 365-380

この研究は、マイクロ波照射および対流冷却を用いて、成獣オスのリスザル(Saimiri sciureus)のボックス内の温度調節行動のオペラント学習について調べた。リスザルは、個体別に、ホーンアンテナ遠方界内に置かれた、空調付きの発泡スチロールボックスの中で椅子に拘束された。まず初めに、各サルは、供給空気の温度(10〜50℃)を選択することによって、ボックスを循環する空気の温度を調節できるようにするための徹底した訓練を受けた。次に、マイクロ波を加温エネルギーの源として利用する動物の能力を調べるために、30℃の空気(熱的中性域)と2450MHzの連続波マイクロ波を併用することで、50℃の空気の代替とした。電力密度20、25、30mW / cm2での照射を利用できるようにした[SAR = 0.15(W / kg)/(mW / cm2)]。その結果、サルが30℃の空気との組み合わせでマイクロ波照射を選択した時間のパーセンテージは、20および25mW / cm 2で平均90%であった;30mW / cm 2の場合、これは81%に低下した(p <0.001);温度調節の行動において、マイクロ波照射を熱源として利用するサルの能力が確認された;全ての個体が、暖気からマイクロ波電磁界へ容易に移したが、その際、より涼しい10℃の空気をまずは選択し、次にマイクロ波照射を選択した;10℃の空気で皮膚温は僅かに低下したが、正常な直腸温は維持されていた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of irradiation on thermoregulatory behavior of monkeys.

詳細情報

Monkeys were trained to regulate body temperature by selecting airstreams of 10 and 50°C. Then, to study the ability of the monkeys to utilize microwaves as a source of thermalizing energy, 2450 MHz continuous wave microwaves accompanied by thermoneutral (30°C) air were substituted for the 50°C air.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: intermittent, 3 sessions of 2 h each

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
特性
  • far field
ばく露時間 intermittent, 3 sessions of 2 h each
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Shielded anechoic chamber/ 1.8 m x 1.8 m x 2.5 m
ばく露装置の詳細 A monkey was chair restrained inside a 51cm x 33 cm x 30 cm ventilated Styrofoam box that was located inside the exposure chamber.
Additional information Exposure duration: Three or more 2 hour sessions; EMF was activated/deactivated when the monkey pulled the cord for warm air/ cold air respectively
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 200 W/m² unspecified 測定値 - 25 mW/cm² and 30 mW/cm²

Reference articles

  • Adair ER et al. (1983): [リスザルの行動による体温調節:長期的なマイクロ波ばく露中の適応過程]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The percentage of time that the animals selected microwave irradiation paired with thermoneutral air averaged 90% at 20 and at 25 mW/cm². The mean percentage declined reliably to 81% at 30 mW/cm², confirming the monkey's ability to utilize microwaves as a source of thermal energy during the course of behavioral thermoregulation. All monkeys readily made the warm-air to microwave-field transition, regulating rectal temperature with precision by sequentially selecting 10°C air, then microwave irradiation accompanied by 30°C air. Although the selection of cooler air resulted in a slight decrease of skin temperatures, normal rectal temperature was maintained. The data indicate that the monkeys can utilize a microwave source in conjunction with convective cooling to regulate body temperature behaviorally.

研究の種別:

研究助成

関連論文