[ミツバチに対する殺虫剤と電磁界の影響:バイオマーカーを用いた実地研究] med./bio.

Effects of Pesticides and Electromagnetic Fields on Honeybees: A Field Study Using Biomarkers

掲載誌: Int J Environ Res 2020; 14: 107–122

この研究は、ミツバチに対する殺虫剤と電磁界の影響を、イタリア北部の3つの実験地点(人工的なストレス源から離れた対照地点、高圧電線に近い準自然地点、殺虫剤を集中的に利用する農業用地)で評価した。各実験地点から若齢の働きバチおよび採餌バチを、5月から10月まで毎月採集し、4つの酵素バイオマーカー(アセチルコリンエステラーゼ(AChE)、カタラーゼ(CAT)、グルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)、アルカリフォスファターゼ(ALP))を分析した。その結果、対照地点に関して時間特異的および地点特異的な影響が認められ、ミツバチに対する多重ストレス源の診断および早期警戒ツールとしてのバイオマーカーの役割が確認された。電磁界ストレスのある地点では、分析対象の全てのバイオマーカーの過剰活性化が季節の終わりに認められた。他の文献からの知見によれば、これはハチが越冬に備えるべき時期における行動学的な過剰活性化と関連しており、この知見は冬季の生存に対する問題を生じる可能性がある、と著者らは結論付けている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文